DESIGN ROOM CLUCH on CLUCH
by cluchoncluch
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2011.5.29
先日、自分のクリエイティブと会社の体制の
狭間でいろんなコトを悩んでいる方のお話を聞きました。
お客さまは彼女の作るものに喜んでくれているのに
彼女にはしっくりとこない。
それは成長を望んでいる自分と一歩を踏み出せない
またはその踏み出し方が分からないのではないかと思いました。
彼女はクリエイティブに誠実であり
そして会社のことが好きだからこそ
本気で悩むんでしょうね。

僕の会社にも似たような人間がいます。
彼も日々成長を求め次のステージをどん欲に求めています。
会社のフィルターを通すとそれが反抗に見えたり
ワガママに感じたりするのですが
そこにはデザインと自分と僕に対する誠実さがあるコトを
気づいた瞬間からはそれを大切にしようと
心がけるようになりました。

でもこの声を聞き環境を作れる人間は限られていると思います。
それは自分がプレイヤーの時に自分の手から作り出される
クリエイティブにワクワクしてしまったコトのある人。
クリエイティブには鮮度があるコトを知っている人。
そして決断をできる立場にいる人です。


クリエイティブを大切にしている会社であれば
そういったプレイヤーの声を聞いてあげるコトと
環境やチャンスを作ってあげるコトが
大切なのではないかと思うのです。
だから僕もスタッフと会社に誠実でいなくてはいけないなと
ブログを書いて改めて感じました。




追記
あなたの上にいる方はあなたのクリエイティブに
もうワクワクているかもしれませんよ。
あなたの手から生まれるものをたくさん会社に見せてあげて下さい。
いつか上の方がそれに今と未来を感じるはずです。
だから今日も明日も自分がつくるものに誠実でいて下さいね。


追記2
お〜いうちのスタッフブログ誰か更新しろよ〜



あ〜そうそう眼鏡みつかりましたかね…
[PR]
by cluchoncluch | 2011-05-29 08:18
<< うちの藤井沙耶花に 2011.5.23 >>