DESIGN ROOM CLUCH on CLUCH
by cluchoncluch
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
うちの藤井沙耶花に
先日こんなコトがあった。


これは僕の言葉で書くので本人または本人を知るものには
ひっかかる表現もあると思うがそれは許して欲しい。


うちの藤井沙耶花(フジイサヤカ)は欲張りである。
そして自分を育てるための具体的な計画がない。というかなかった。
何回か彼女と二人で食事をしながら
今の自分の目標や現状を聞くのだが
それがまったく自分の口から出てこないのである。
「水上さんはどう思いますか?」
「水上さんはその時どう考えていたのですか?」
「鈴木さんはなんでもできる凄い人で憧れます」
というような感じである。
さやかちゃん。あんまりふざけたコト言ってるとどつくよ。
と言いたくもなるな〜と誰かが言ってたな…。


要するに彼女は遠い未来を見過ぎてしまい
今なにをすべきなのかがまったく分かっていない
アンポンタン状態だったのである。いけませんね〜
そんな会話をしながら
そういえば僕にもそんな時があったなぁ~と
思いながらその時はサヤカちゃんに
それはアカンやろ〜と説教をしていました。
正直心が痛かったです。


そんなアンポンタンな二人が
やらなくてはいけないコトはひとつ。
藤井沙耶花という人間を1歩でも2歩でも前に進ませ
次回のミーティングまでに具体的な目標を立てさせること。


アンポンタンA(水上):資料を見ろ!!
天才鈴木先生:測れ!!
アンポンタンA:なんでだ!!
アンポンタンA:お前のデザインに期待ができね〜


と僕の言葉は特に愛情のカケラもありません。
ごめんな。


そんな毎日を過ごしていく中で
なぜそれをやらなくてはいけないのかが
彼女には理解できていなかったのです。
「デザインってなんですか?」これが出発地点だったコトに
僕は気がついていなかったのですね。
ごめんな。


ではそれを理解するためにはどうすればよいか?
そこでたどり着いたのが
「サムネイルをいくつも描きデザインの仕組みを知る」
というところでした。
サヤカちゃんは頑張って何枚ものサムネイルをおこします。
それを二人で確認しながら
細かいところをブラッシュアップしていくサヤカちゃん。
しかしここで問題になったのが
なぜこのサムネイルにしたのか?という点でした。
サムネイルはデザインを作り上げるための設計図でもあり
いろんな人間との共通言語でもある。
だからサムネイルは目的やオーダーに寄り添って描かれるもの
要するに根拠がないといけないのです。
そして何枚かのサムネイルの中に
サヤカちゃんなりの根拠があるものがありました。
翌日それがデザインに落とし込まれたものを見て僕はビックリ!!


あのアンポンタンが創ったものとは思えない仕上がりなのです。
微調節は必要でしたが商品価値としてはほぼ問題ありません。


あの時アンポンタンA(水上)は嬉しかった。
あれが幻ではないことを祈いたい。


今、藤井に必要なことは成功したコトを何回も繰り返し
自分のやり方を覚えるコト。
そしていつもデザインに対して自分に対して
疑問を投げかけて欲しい。
サヤカちゃん。焦りと欲張りは禁物です。


がんばれ新人デザイナー藤井沙耶花!
[PR]
by cluchoncluch | 2011-06-11 19:33
<< 点と点が線でつながる時 2011.5.29 >>