DESIGN ROOM CLUCH on CLUCH
by cluchoncluch
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
なんやろ。
久しぶりのブログです。

今よりももっともっともっと高いところにいきたい。
連れていきたい。
そこから見える景色を眺めながら
「これでよかったんだ」と言ってあげたい。分かち合いたい。
いつかきっと。必ず。
そんな事を今日強く思いました。



先週末の出来事。
僕がここ名古屋で尊敬してやまない
そして作るモノすべてがカッコイイって確信している
クリエーター集団の一人。
ARTICALの小島邦康と時間を共にする機会がありました。
まだ彼に知り合ってそんなに時間もたっていないし
まともに会って話をするのも3回目です。
ただ、ARTICALの存在はずっと前から知っていて
あるサロンの集まりで偶然会ったのがきっかけで
今も繋がっています。

デザインそして自分にとてもストイックな彼に
僕も同じなにかを感じます。(僕だけだったらどうしよう…)
きっと不器用なところだと思います。(失礼ですよね…)
ただ僕の不器用さとはまた違うんです。
彼はサムライみたいです。
先日彼が言った言葉が今もずっと心に残っている。
「クラッチさんの着地点ってどこですか」
「そうですね。東京の○○○みたいな」
「そうですか。もうすでに存在しているモノに向かって歩いてるんですね」
はっきり言ってこたえました。今も思い出すだけで寒気がします。
でも僕の近くにそんなコトを言う奴がいる事に
凄く幸せを感じました。もちろん嫉妬もしました。
あぁぁぁぁチキショーやっぱり悔しい。

小島邦康。
もし同じ土俵でなにか作れる時がきたらいいですね。
それがプレゼンの競合であっても。そうじゃくても。
できれば争いたくないけど…。
彼は今の僕にとってとても大切な一人です。
尊敬してやまない。

また、ゆっくりご飯を食べながら話をしましょう。
B型の会。第2回目の計画は着々と進んでいますよ。
[PR]
by cluchoncluch | 2008-07-17 22:33
<< 家の緑に水をあげるコト。 21時過ぎの葛藤 >>