DESIGN ROOM CLUCH on CLUCH
by cluchoncluch
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
再会の街で
連休中は体調があまりよくなかったのですが
家でじっとしてても気分がジメジメしてしまうので
名駅のゴールド劇場で映画を観覧。
今、上映中の『再会の街で』という映画です。

館内入り口の受付で一言。
「会員証切れていますけど…」
と言われ日付をみると確かに去年の2月に切れてました。
ゴールド劇場にはよく足を運んでいたのでビックリ。
そう思うと最近、映画を観ていない…
いえいえ。観ました。タイトルは平仮名で3文字。
しかし、映画が終わるまで首がカクーンカクーンとなる始末。
アナタなにしに来たの?と言われても当然ですね。


話を映画に戻すとこの映画『再会の街で』いいですよ。
なにがよいか?どのシーンが印象的だったか?あの主人公のセリフが…と
以前も書きましたが作品の感想をまとめるのが凄く苦手なので
リンクをはりました。
少しでも気になったらぜひゴールド劇場に足を運んでみて下さい。

c0140458_143396.jpg



『再会の街で』







本編の前に予告で紹介していた映画で気になったお話はこの2つ。


c0140458_1414423.jpg
山崎ナオコーラ原作、
『人のセックスを笑うな』







c0140458_1415477.jpg

ハーモニー・コリンの新作、
「MISTER LONELYミスターロンリー」





よくあるのが、「あれっ終わってる…うぁ!」
気をつけましょう。


今週1月20日は母の誕生日です。
実家に帰って親孝行してきます。
今年はなにをプレゼントしようかと…
ちなみに去年はベットでした。
[PR]
# by cluchoncluch | 2008-01-15 14:15
merry go round
今年の年賀状はコレ。
テーマはスタッフみんなで案を出し練りました。

“merry go round”
見てる人も楽しい。
乗っている人も楽しい。
そんな空間やきっかけをデザインで創っていける私達でありたい。
目標でもあり、願いでもあります。

デザインを制作したのはTAKAHASHI EMI
今年は彼女の手から生まれるいくつものデザインに注目しています。
足らない部分もたくさんありますが、今から少しずつ完成していく
デザイナーとしての彼女の成長を楽しみにしています。

2008年。
今年は今までにないくらい
輝きを放つmerry go roundのような
デザイン ガイシャに育っていきたいです。



c0140458_1632183.jpg
[PR]
# by cluchoncluch | 2008-01-05 16:38
新しい切口を探すというコト
最近、“しぶとい”んです。ワタシ。
もっとこの仕上り良くならないか??って
もちろん社内以外には迷惑を掛けないようにしてますが
時には携わっている方も巻き込んで
「これでいいんですかね」って訪ねると
「いいですよ」って言って下さいますが
「本当にいいんですか?」って聞き返すと
「えっなにがダメですか」って
そうですよね。
いいモノだから「いいですよ」って言ってくださるんですよね。
でも、まだなにかあるんじゃないのかなって(しぶといですね〜ここでも…)
なんでそう思うかって…
なんでだろう。

仕上がりを構想するために。
必要な事実を見て、知って、いろんな角度から切口を考えて、
アイデアを練り込んでいきたい。

デザインが仕上がるまでに。
多くの素材を目の前にドカンと置いて
今できる最良の選択をたくさん行い答えに辿り着きたい。

それらを行うために
やらなくちゃいけないコトがあるって事を知って。
今自分がやりたくてしょうがないと思っている欲望みたいなものが
大きくなってきたのでしょうか…
それはいい事なんでしょうか…


と書いているワタシの最近押さえられない
もうひとつの欲望はずばり「食欲」です。
この一言で笑った人、「確かに〜」と、うなずいた人。
他人事ではありませんよ。
いったん体についた脂肪は“しぶとい”ですよ。


どうでしょうか。今回の内容。
好評であれば、このような切口で今後攻めていこうかと思っています。
[PR]
# by cluchoncluch | 2007-12-25 16:36
「変わらなきゃ」と「変わりたい」。
数年前、専門学校の講師をしていました。
「スタイリスト科」を受け持っていたのですが、
教えるより、教えられた貴重な1年でした。
つい先日、その時の生徒から久しぶりにメールが。
「こんな感じで頑張ってます。」と写真が添付されていました。
彼は当時、いつもいつもいつも悩んでいて、
「服は大好き。でも、スタイリストになりたいのか分からん。
でも、オレ音楽も好き。でも、金ないし、それで食ってはいけないし。
でも先生、オレめちゃくちゃ音楽やりたい。でも、無理だよな〜。
でも、このままじゃ自分がダメ人間になっていくみたいで。
変わらなきゃって焦っちゃって・・・。先生どう思う?」

卒業後、学生時代のアルバイト先(運送業)のまま、
何の変化もない日が続いてて・・・。

で、添付されてたのは、彼のライブ写真。
泣けた・・・。うれしかった・・・。本当に。

卒業して、スタイリストという職業についた生徒は1人もいないけど、
みんな、それぞれの『本当にやりたいこと』に向かって頑張ってる。
変わらなきゃいけない!と思ってるうちは、結局動けなくて。
『変わりたい!本当にやりたい』と心から湧いて出た瞬間、
きっと動けるんだと実感。
やらなくちゃいけないコトと、やりたいコトは、当然違う。
両方を完璧に、自分らしく出来たら本当に幸せ。
そしてソレが1つになったら、目標達成!

『今、仕事もめちゃ忙しくて、バンドも色々大変で。先生も頑張ってね。』
彼のライブが1月19日に大須であるらしい。
こっそり会いに行く予定です。

c0140458_1664481.jpg『Lsyun (ルシアン)』
今月、ZIP-FMに放送決定!!
[PR]
# by cluchoncluch | 2007-12-22 16:10
18歳の編集者。
先日、紫×黄緑のボーダーが似合う18歳の男子に
取材を受けました。
知り合いの大好きなカメラマンさんが、
専門学校の講師をやってみえて、
その生徒さんたちの作品創りのための取材です。
いくつか質問された中で印象的だったのが、

『デザイナーにとって、いい編集者ってどんな人ですか?』

彼には細かく、分かりやすく応えたつもりですが、
最近漠然と、『いい編集者と仕事したい!』と思っていたので、
かなりリアルな質問。
エディトリアルデザイナーにとっていい編集者とは・・・。
『敏感で、頭が軟らかい人。欲を言うなら、ほどよく細かい人。』
同業者ならうなづいてくれるはず。

c0140458_21314086.jpg
[PR]
# by cluchoncluch | 2007-12-10 21:36