DESIGN ROOM CLUCH on CLUCH
by cluchoncluch
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
20年前ここに住んでいました。


c0140458_16293661.jpg

[PR]
# by cluchoncluch | 2011-07-26 16:30
ライブに行きます

c0140458_16181842.jpg

[PR]
# by cluchoncluch | 2011-07-26 16:19
素敵です。

c0140458_1675364.jpg

[PR]
# by cluchoncluch | 2011-07-26 16:08
肩ごしの恋人

男クサイ本を読んでいたせいか
最近、思考がゴツゴツしていた気がする
そんな時はモノを柔らかく見れなかったり
ロジックで考えすぎる傾向があるので
世の中の楽しみが半減する気がします。

そんな時は女性の手から生まれたものに
深いところまでドップリとつかりたくなる。
僕の主観でいくと彼女の作品は女性純度の高い媒体だと思う
とても読みやすく発見がたくさんだから
僕にはもってこいの遊び場なんです。
ハードカバーがなかったのが残念ですが
中身は変わらないからいっか。
唯川恵さんの
「肩ごしの恋人」と「永遠の途中」という作品です。

もう少しで「肩ごしの恋人」を読み終えるのですが
期待以上の面白さです。

ハードカバーで読みたかったな。
[PR]
# by cluchoncluch | 2011-07-26 16:03
ロジャック

先日ロジャックのお二人と夜の時間を共にしました。
彼らとは呑み友達であり
尊敬できるクリエイターでもあります。

そんなロジャックが今強く願うコトは
未来のロジャックのために今しなくてはいけないこと。
彼もまた自分達の可能性を未来と照らし合わせて
ロジャックの設計図を描こうとしているのです。


彼らがお客様に選ばれる理由はなにか…

お客様のことを本当に心から思い
その思いをカタチにする力を持っている。

クライアントの立場とそれを利用するお客様の間にたち
ロジャックが経験してきたお店作りのノウハウを
建築に取り入れ定着させる。


今(旬)を切り取る独自の視点をもち
盛況感を演出するたくさんのフックを彼らは知っている
だからロジャックの建築はお客を呼ぶ。




彼らが成長を願いそれを1つ1つ実現していくごとに
彼らの建築はより深みと説得力を増していきます。
だから僕は思いました。
彼らがロジャックを成長させるのは
自分達の為でもあるが
お客様のためでもある。
だから一歩を踏み出さなくてはいけないのです。
それは僕達にも言えることだと思いました。


またいろんなお話をしましょう。


追記
まさきへ
ブログ読みました。
ジョニーデップに似ているというコメントは
ジョニーさんのファンの気持ちを逆立てるコトになりますので
はやめの変更をお願いしたい(笑)


c0140458_14142776.jpg
[PR]
# by cluchoncluch | 2011-06-24 14:15