DESIGN ROOM CLUCH on CLUCH
by cluchoncluch
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
何のために生きていますか?
大切な人がいるから。
21歳 販売 (JPN)

恩返し
22歳 大学生(JPN)

今まで育ててくれた親を楽にさせるため
18歳 夢追い人 (JPN)

死ぬまでのひまつぶし
19歳 学生 (JPN)

借金返済
53歳 バー店主(JPN)

宇宙を語るために
38歳 僧侶(JPN)

自分を必要としてくれる人の為に
27歳 コンサルタント業(JPN)

家族を豊かにするために
27歳(JPN)

世界中の人と出会うために
23歳(RF)

彼女のために
17歳(USA)

毎日の中から、美しいものを作り出すために
25歳(NZL)

愛を分ち合うために。
25歳(USA)

平和な社会を願って歩いていきたい
77歳(JPN)

いろんな事から逃げてきた自分と
向き合えるようになるために
34歳 アートディレクター(JPN)

c0140458_22301659.jpg
[PR]
# by cluchoncluch | 2007-11-08 22:33
同窓会
先日、久しぶりに地元の友人から電話があった。
「同窓会を計画しているんだけどこない?」
地元なまりの電話口調と懐かしい声のトーンに
なぜかとっても嬉しくなって、
その日は帰宅するまでニヤニヤしていた。
もう10年以上は彼らと会っていない。

ほとんどの友人が地元で働き、結婚をして子どもを何人か授かっている。
僕はここ名古屋で働き、まだ結婚もせず、子どももいない。
同じ教室でデザインを学んだ僕達。
それぞれいろんな岐路に立ち選択を繰り返し、
未来に向かって現在も前へ進んでいる。
他の友人はどう思っているか分からないけど
僕は地元で過ごした18年間と、こっちで過ごした約15年間は
まったく別のモノだと思っている。ん 思っていた。

でも久しぶりにみんなと会う事で
2つに別れていた時間が一つに繋がったら、
僕の未来の見え方も少しは変わるのかな。
そんな事を思っていると、
やっぱりニヤニヤしてしまいます。

c0140458_12421580.jpg
[PR]
# by cluchoncluch | 2007-11-06 22:58
教科書。
c0140458_10504890.jpg小さい頃から、結構、教科書がスキでした。
学生の頃は「美術概論」の教科書が1番。
とは言っても、小説よりは漫画派な私。
読むよりは、観るのがスキ。観て読み取るのがスキ。
模写もダイスキ。

社会人になってからの教科書がコレ。
私の頭の中にないアイデアや、表現を教えてくれる。
ワクワクするし、ドキドキする。
数年前、うちの社長が見つけてくれました。
あらためて、アリガトウ。
[PR]
# by cluchoncluch | 2007-11-02 11:19
予定日はジミー・ペイジ
最近、朝早く起きて湯槽につかりながら小説を読むのが日課でして…
本当は帰宅して、お風呂に入って、眠る前の数時間を読書に費やしたいのですが
それは、僕の性格上無理なんです。たまに早く家に帰るコトはありますが
落ち着かなくなり 飲む。音楽を聞きながら…勿論ROCK
そうなってくるとテンションは上がりますし
いろんなアルバムを引っ張りだして、ジャケットのデザインも気なり出して
と部屋の中はもう凄いコトになってしまい疲れて眠る。

恐らく仕事が終わっても高揚した気分は治まらず
それ以上のモノを求めているのだと思います。
お酒、音楽、ちょっとおかしな友人、
そして、このお仕事を一緒にさせて頂いているクリエイターの方々
との団欒。時々イベントに行ったり…

今できる事を今やりたい。
今したい事をすぐにしたい。
会いたい人とすぐ会いたい。

3番目は微妙ですが。

多分、欲張りなんだと思います。
話は脱線しましたが今は早く起きて好きな作家さんの
小説をゆっくりなぞりたい。
最近、読み終えたのが角田光代さんのコレ。

c0140458_1423115.jpg
昔から読書感想文が苦手なので、
ぜひ読んで下さいとしか書けません。(悲)
本当に素敵なお話でした。本当に。

次もまた角田光代さんの作品です。
どんだけ好きなんでしょうか…。
[PR]
# by cluchoncluch | 2007-10-31 23:26
芸術大学の大学祭。
先日、ある芸術大学の大学祭に行ってきました。
その日は朝から雨が降っていて、
せっかくのお祭りなのに学生の人達大変だろうなと
思っていたらいつのまにか雨は上がり
とても綺麗な夕日が雲の隙間から見えた瞬間は感動。

いろんなフロアをひと通り歩き回って
個性いっぱいの作品を観覧させてもらって感じた事。

コンセプトがしっかり伝わる作品は心に残る。

誰に伝えたいのか。
何を伝えたいのか。
どうして伝えたいのか。
どうやって伝えるか。

学生さんの作品に対する思いや発想の柔軟性。
とても素敵な空間でした。
僕自身いろいろ勉強になりました。

これからも多くの作品を創って僕達に見せてください。

c0140458_137632.jpg
[PR]
# by cluchoncluch | 2007-10-29 23:11